スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムシリーズ DX BREAK IMPACT ウイングカンダムゼロカスタム、、、

お久しぶりです。

しばらく放ったらかしにしてたのに、いつの間にか1000カウントいきそうで少々驚いています。
ま、テキトーに見ていって下さい。

今回は『ガンダムシリーズ DX BREAK IMPACT ウイングガンダムゼロカスタム』の紹介です。

BI WINGZERO_00

初めは特に欲しいとは思ってはいなかったのですが、『MG エピオン EW版』が発売されたのを期に
エピオンを買わずに なんとなく購入してしまった『MG ウイングガンダムゼロ EW版』。

旧キットということもあり敬遠していたのですが いざ作ってみると


「・・・カ、カンペキじゃん!!」(;゚p゚)


『MG デスサイズヘル EW版』のこともあり、その出来映えにえらく感動。
気がついたらオクでこのゼロカスを購入していました(^^)

BI WINGZERO_01
BI WINGZERO_02
BI WINGZERO_03
BI WINGZERO_04

ビームサーベルを持って構えているポーズ。
劇中で五飛とやりあっている時のものでしょうか?

ゼロカスタムといえばツインバスターライフルを構えているポーズのほうの印象が強いですが、
このフィギュアは 翼が羽ばたいているかのような形になっていて、ライフルを構えているときとは違う
この機体が優雅に飛んでいるような感じがうまく表現されていると思います。

あまり細かな色分けがないせいか、塗装のハミ出しも少なめ。


BI WINGZERO_05

顔は大きな崩れはなく、ちゃんとガンダムの顔してます(^^)

アンテナのみ硬質素材が使われています。

ゼロシステムはメタリック塗装。
ヘッドセンサーはちゃんとオレンジに塗られていました。

BI WINGZERO_06

フロント、サイドアーマーともに軟質素材なので、脚を接続しやすかったです(^^)

ストフリの時と違い 脚にはパースをかけたような表現はありません。
ほのかにシャドーが入っているくらいです。

BI WINGZERO_07-08

マニピュレータは指を広げた表現に。自然な感じの仕上がり。
足裏も手抜きなし。


そしてこのフィギュアの見所「ウイング」!

BI WINGZERO_09

パール調の硬質素材の羽根にシャドーが吹いてあり とても綺麗な仕上がりです( ゚∀゚)

BI WINGZERO_10

小羽根もシャープな形状&絶妙なソリ具合。

BI WINGZERO_11

裏側も設定どおりに しっかり造形してあります。

BI WINGZERO_12

サブウイングも非の打ちどころない素晴らしい出来。

BI WINGZERO_13

ウイングを支えるアームのようなもの。こちらも モチロン硬質素材。

結果的にもう羽根全体がカッチカチ!
強度もバッチリ(^ω^)

もう一本のサーベルも収納されています(取れませんw)

BI WINGZERO_14

上から見ると 羽根がものすごい幅をきかせます(;゚*゚)

これから手に入れようと考えている方は 十分なスペース確保をオススメします。
(だいたい縦・横10cm、奥行き8cmくらい必要か?)


さんざん褒めてきましたが、実は個人的に許せない部分が・・・

BI WINGZERO_15

↑コレです。

BI WINGZERO_16

形状も長さもハンパで、なぜかパール塗装。
ビームサーベルということで手を抜かれた感が見え残念無念(;-ω-)

私の中で 唯一のガッカリポイント。
後々この部分だけイジくるかもしれません。

BI WINGZERO_17

台座はクリア。


後はテキトーに撮ったやつを。

BI WINGZERO_18
BI WINGZERO_19
BI WINGZERO_20

このシリーズはプライズながら結構レベルが高いですね~。
なんかキッカケがあると、また欲しくなってしまうかも知れない・・・(;・ω・)

余談ですが、最近の更新はフィギュアの紹介ばっかしてますが、
一応プラモ製作ほうもチマチマ続けてはいます。
まぁ、載せるのはいつになるかは分かりませんが・・・でわ(;^^)


おまけ(羽根なし状態)
BI WINGZERO_21

ヒイロ「五飛、教えてくれ。俺の羽根はどこにいったんだ。」

ヒイロ「ゼロはウンともスンとも言わない。教えてくれ五飛!」

五飛「知るか」

ヒイロ「さよなら、リリーナ・・・」

自爆スイッチ ポチッ

五飛「え!?」
スポンサーサイト

コレクタブルフィギュアⅣ ~サイヤ人の系譜~ ブロリー2体だけ

先日 食中毒にかかりまして、一晩中便器に向かってオエーってしてました(´ω`)
皆さんも気をつけてください。

今回は「ドラゴンボール改 コレクタブルフィギュアⅣ ~サイヤ人の系譜~」のご紹介です。

最近オークションにて入手したものです。
気にはなっていたんですが、ちょっと情報が少なかったので
とりあえず 「黒髪ブロリー」 と 「スーパーサイヤ人ブロリー」 の2体だけ購入してみました。

◆黒髪ブロリー(No.26)
LOS Broly_00

首飾りが曲がって付いてます。
近頃のブロリーフィギュアによくあるパターン。

LOS Broly_01

筋肉や服のシワなど 細かい部分も造り込まれてます。

LOS Broly_02

髪の毛は メタリック か パール調に塗装されていてテカテカしてます。
その他のほとんどの部分も ツヤ有り塗装で、ズボンは つや消し塗装。

LOS Broly_03
「ブロリーです・・・はい」

"血祭り" や "クズは所詮クズ" とか言うようには見えない もの静かな感じの顔(´ω`)
結構 忘れられがちのイヤリングもしっかり塗ってあります。


◆スーパーサイヤ人ブロリー(No.28)
LOS Broly_04

黒髪に比べて肌の塗装が暗くなってる感じがします。
パッケージでは一緒なんですが、個体差なんでしょうかねぇ・・・(゚_゚ )?

LOS Broly_05

腰布のフンドシ部分は なびいているような造形に。

LOS Broly_06

こちらの髪の毛もメタリックでテカテカしてます。
このブロリーの髪の色は 緑色 に塗ってあるんですが
個人的には 原作に近い感じの 青色 のほうが好みです。

LOS Broly_07
「カカロットォッ!」

大人しい顔から一転、目つきも鋭くなり悪人面に(;゚ω゚)
写真だと分かりづらいですが、黒目には瞳孔が入ってます。

LOS Broly_10

いちおう、どちらも台座がなくても自立します。



ついでにブロリーフィギュア同士で大きさの比較をしてみました。


まずはHGシリーズとの比較です。

LOS Broly_08

ちっちゃ・・・!Σ(゚□゚ )

ブロリーは身長が高い設定なので、
立体化されると そのシリーズのキャラの大きさ(高さ)に合わせて
スケールが縮められる傾向にあるので よけいに小さく見えてしまってるんでしょうか。

続いてドラカプシリーズとの比較。

LOS Broly_09

以外にも、ほぼ同じなんですね( ゚ 3゚)
こうして並べると どんだけ筋肉が肥大してんだって感じが分かりやすい。

ちなみに左のブロリーは ブロンズカラーのものをフルリペイントしたものです。


これで紹介は以上です。

思いのほかサイズが小さかったので 伝説のサイヤ人バージョンとバイオブロリーは いらないかな(・ω・)

ガンダムシリーズ DX BREAK IMPACT ストライクフリーダムガンダム、、、

今回はちょっと前に手に入れた プライズの
『ガンダムシリーズ DX BREAK IMPACT ストライクフリーダムガンダム』を紹介したいと思います。

BI STRIKEFREEDOM_00

プラモじゃ再現しきれないオーバーな表現が 自分好みでしたので思わず購入(^-^)

確かDESTINYのオープニングでやっていたポーズだったと思います。

とりあえず一周させてみたり

BI STRIKEFREEDOM_01
BI STRIKEFREEDOM_02
BI STRIKEFREEDOM_03
BI STRIKEFREEDOM_04

このシリーズは初めて購入したのですが、PVC樹脂だけでなくプラも多用されているので
細いパーツが変な方向に湾曲してるなんて心配がないのがうれしいですね。
(アンテナ・肩アーマー・シールド・ウイング・ビームライフルなど)

あとシャドーのみならず 影が塗装されているのもポイントです。

BI STRIKEFREEDOM_05

メインカメラ、ツインアイ、などの細かい部分もちゃんと塗り分けられています。

顔はMGよりは ややアニメよりですかね?

アンテナはプラパーツで 気をつけないとケガする鋭さ(;゚ω゚)
(あ、アンテナにヨゴレが・・・)

BI STRIKEFREEDOM_06

フィギュアならではの大胆な胴の動きで表現。
そして、隠れて見えなくなるビーム砲もしっかり造りこまれて 塗装までされてます。

左手はちゃんと人差し指で引き金を引く形に。

BI STRIKEFREEDOM_07

腰にビームサーベルもマウントされています。
この部分は動かせるのでサーベルの向きを変えることが出来ます。

BI STRIKEFREEDOM_08

右手は連結ビームライフルを支える形に。
手の内側にはダボがありますが ほとんど刺さってません(・ω・)

BI STRIKEFREEDOM_09

足裏もしっかり造りこまれています。

BI STRIKEFREEDOM_10

ウイングはかなりアレンジされたディテールになっています。

このフィギュアは細部にまで塗装が施されていますが、
なぜだかウイングの裏側の金色だけが塗られていませんでした(;_ _)

BI STRIKEFREEDOM_11

若干シャープな印象のドラグーン。
ちなみにドラグーンは外れません(・ω・)

BI STRIKEFREEDOM_12

メインスラスターの形はアニメより。
ちゃんと内側も塗装済み。

BI STRIKEFREEDOM_13

連結ビームライフルは遠近法を用いた作り。
銃口から銃底に向かって少しずつ細くなっていっています。

BI STRIKEFREEDOM_14

なので、同じ銃を連結している設定なのですが
2丁を比べてみると 微妙に形や大きさの違いが見て取れます。

BI STRIKEFREEDOM_15

銃口は開口されており 深さは6mmくらい。
(奥にまで塗装が届いておらず)

BI STRIKEFREEDOM_16

脚も遠近法を用いた造形になっていて 足先に行くにしたがって細くなっていっているので、

BI STRIKEFREEDOM_17

こんなアングルもバッチリ決まりやすくなっています(^ω^)

BI STRIKEFREEDOM_19


最近のプライズは出来のいいものが増えてきてうれしい限りです。
これからもどんどん出して頂きたい(^-^)

6月に出るウイングゼロも期待してます。

MG XXXG-01D2 ガンダムデスサイズヘル EW版 レビュー

お久しぶりです。ブログ再開します。

かなり時期外れになってしまいましたが、今回は『MG デスサイズヘル EW版』のレビューをしたいと思います。

DEATHHEW00000.jpg

他のトコでもすでに紹介されていると思うので、細かい部分だけレビューします。

とりあえず新規追加されたパーツの紹介から

<肩>

DEATHHEW00001.jpg

前後張り合わせなので合わせ目が気になります(;--)
RGガンダムで披露した技術を使ってどうにかすることは出来なかったんでしょうか?

肩パーツの下の方は強度を出すためだと思いますが、くっついています。

DEATHHEW00002.jpg
DEATHHEW000022.jpg

ギミックはこんな感じ。
(①左上 → ②右上 → ③左下)

このギミックは白いパーツの部分を斜め上に引き出してから傾けるのですが、
引き出すときが結構硬いので力の加減が必要です。 

何回もイジってると壊れてスッポ抜けるかも(・ω・)

<シールド>

DEATHHEW00003.jpg

HGでは3パーツほどでしたが

DEATHHEW00004.jpg

MGでは5パーツ構成になっています。
ディティールも細かく裏側も造りこまれてあります。

まあ、MGなんで当たり前ですが(・ω・)

<アクティブクローク>

DEATHHEW00005.jpg

とにかくデカいです。

ギミックで羽根を伸ばすと40cm近くなります。
(大きさを分かりすくするためにメジャーと一緒に撮影したんですが見えずらい・・・(;--)

外見のディティールはHGと比べるとよりメカっぽく仕上げた感じ。
そしてシャープであるべき部分はよりシャープになってます。

ギミックの稼動が分かりやすいように撮影してみました。

DEATHHEW00006.jpg
DEATHHEW00007.jpg

中身は軽量化を謀るためかパーツは少なめ。
ハメるのに苦労したPCパーツ(グレーのパーツの丸い部分にある)のおかげでキッチリ固定&微妙な角度調整が可能です。

このギミックも結構硬めになるような作りなので壊さないように力を加減しながら動かさないといけません。

・紅い爪の部分

DEATHHEW00009.jpg
DEATHHEW00008.jpg

PCパーツを含めた3パーツ構成。
HGでは紅い爪どうしを差し込んで固定する方法をとっていましたが
MGでは紅い爪のパーツにスライドさせる部分があり、そこにスライドさせてハメ合わせ固定する方法になっています。


ついでに細かい変更点も紹介。

<アンテナ>

DEATHHEW00010.jpg

左がデスサイズヘルEW、右がデスサイズEW。
ヘルになってHGと同じアンテナとセンサーの一体型の成型。
羽根の紅い爪やヒザのトゲもパーツ分けしてんだから、アンテナもそうして欲しかった・・・(´・ω・`)

よーく見ればわかりますが、デスサイズヘルの方がの左右のアンテナが若干上に移動してます。

DEATHHEW00011.jpg

アンテナを装着した写真だと判りやすいと思います。
それでもバルカン撃ったらぶつかると思いますが(・ω・)

<脚フレーム内部>

DEATHHEW00012.jpg

左がデスサイズヘルEW、右がデスサイズEW。
←の部分がこのように変更されたことによって、ヒザの曲げ伸ばしにヒザアーマーがちゃんと連動するようになりました。

<アクティブクロークとの背中の接続部>

DEATHHEW000077.jpg

左がデスサイズヘルEW、右がデスサイズEW。
保持力アップのためPCパーツからABSパーツに変更されています。

一度はめ込むと二度とハズれないんじゃってくらいガッチリハマっちゃいますので、
塗装などで外すことがあるのなら オス側を少し削って調整したほうがいいかも。もちろん自己責任で(-ω-)



それでは全体的な紹介を。

DEATHHEW00013.jpg

こんなバカデカいものを背負っても自立します。
これはアクティブクロークの軽量化などが活かされていて流石です。

DEATHHEW00014.jpg

こんなポーズをしても大丈夫。倒れません(^^)

そしてアクティブクロークを閉じた状態。

DEATHHEW00015.jpg

先ほども紹介したようにスライドさせて固定する方式なのでカッチリ固定できます。
ただ塗装するとなると色移りは必至。
クリアランス確保・・・?(@ω@;)ムリ

色移りがイヤな人は簡単フィニッシュで仕上げましょう(^^)


後はテキトーに。

DEATHHEW00017.jpg
DEATHHEW00018.jpg
DEATHHEW00019.jpg
DEATHHEW00016.jpg

ついでにビームサイズの二刀流(゚ω゚)

DEATHHEW00020.jpg
DEATHHEW00022.jpg

全体の感想ですが、やっぱりアクティブクロークの造りにはかなりガックリ(-_-)
そもそもスラスターがパーツ分割されていないですし、これじゃスラスターかどうなのかも分からない。
取説にも書いてないので、どういう仕組みで飛んでんだかさっぱしですよ。
軽量化するためとはいえメインの羽根がこれじゃあ・・・・・・。

ただ、シルエットは死神らしさが出てて素晴らしいの一言です。
作り自体もMGにしてはかなりしっかりしている方なので、こういう機体が好きなら買ってみてもいいと思います。

かなりの辛口コメントかもしれないですが、
個人的に好きな機体なのと こっちで勝手に期待し過ぎてたせいでガッカリ感がハンパないので
もう少し頑張って頂きたかったです。


こんな批判ばっかしてますがアルトロン出たら即買してるんだろうなぁ(;^^)


<おまけ>

・パープルのデュオ
DEATHHEW00023.jpg

・成型色の違い(左からHG、MGヘル、MG)
DEATHHEW00024.jpg

MG 1/100 XXXG-01D2 ガンダムデスサイズヘル EW版 (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)MG 1/100 XXXG-01D2 ガンダムデスサイズヘル EW版 (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)
(2011/02/26)
バンダイ

商品詳細を見る

MG 1/100 XXXG-01S シェンロンガンダムEW版 (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)MG 1/100 XXXG-01S シェンロンガンダムEW版 (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)
(2011/03/26)
バンダイ

商品詳細を見る

MG 1/100 XXXG-01W ウイングガンダム EW版 (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)MG 1/100 XXXG-01W ウイングガンダム EW版 (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)
(2011/03/26)
バンダイ

商品詳細を見る

このたび被災された方々に対して、心よりお見舞い申し上げます。

現在はこのような状況ですので、少しの間更新しないことにしました。

ただでさえ更新遅いのに マジでご迷惑をおかけしますm(_ _)m

そのうちまとめてアップしたいと思います。
プロフィール

かみこっぷ軍曹

Author:かみこっぷ軍曹
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。